生活情報

【都市封鎖】ロックダウン。クラスター。コロナ対策

今、世界がスゴイですね。すぐ身近で色んな事が巻き起こってます。

2020年 1月 中国の武漢でコロナウィルス発生。

そして3月下旬。収まる所か感染、拡大止まりません。自分自身の身を守る以外考えられない状況です。私は、愛する妻と子供がいます。家族がいます。ここまで拡大してくるとやはり自分の身にいつ何が起こるか分からない状況を見越して出来る事をやるしかないですね。

誰でも出来る事をまずやりましょう。

・手洗い

・うがい

・マスク

・人混みに行かない

・しっかり栄養を取る

薬もない今、当たり前ですがこの上記を必ずやりましょう。

家族を守る為ですから…

とはいえ、東京都の小池知事が会見の中で『ロックダウン』というワードを言っていましたね。そもそもロックダウンとは?と思った方へ。

ロックダウン(都市封鎖)とは

ロックダウンとは、英語の「lockdown」からきている言葉で、今回の新型コロナウイルスの場合は「都市封鎖」という意味合いで使われています。具体的な内容としては、「対象エリアの住民の活動を制限する」などが挙げられ、外出禁止などが代表例です。

世界的にもイタリアやフランスなどもロックダウンを行っており、必要不可欠な場合を除いて、基本的に外出が禁止されています。また、最も強烈なロックダウンを行ったのがインドで、2020年3月25日から21日間、約13億人に上る国民に対して事実上の外出禁止令が出されました。

国が国民の行動を制限するという動きですが、会社関係などなど保証問題なども絡めるとカンタンに動けないのも事実ですね。オリンピックの延期を安倍首相が発表して翌日には小池知事の感染者数増の発表。わかっていたのならもっと早めに発表出来なかったんでしょうか。発表出来ない事情があったのでしょうか。

クラスターとは、要は集団感染の意味で使われているみたいです。

出来るだけの行動自粛に伴い集団生活をしているグループの中で感染者がもし、いればそこから集団への感染が広がる。それを厚生労働省は対策班を設置して対応している。世界全員が何もかも初めて事例ですから失敗もあるでしょうが、感染を早く止めてもらえる事を祈ります。

私たち日本国民ひとりひとりは、感染拡大を少しでも抑える事と、予防対策をまずはやる。そして自分たちの未来へとつなげていきましょう。他人事ではない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。