生活情報

地震28回!?怖いですよね…備えあれば憂いなし!

最近、地震というワードをよく目にしたり、聞いたりしますよね。

日本は、地震、火山活動が活発な環太平洋変動帯に位置し、世界の0.25%という少ない国土面積と比較して、地震の発生回数の割合は、全世界の18.5%と極めて高いものとなっています。 ※国土交通省より

近い将来の発生の切迫性が指摘されている大規模地震として、
南海トラフ巨大地震、首都直下地震などがあります。
これらの大規模地震以外でも、地震は全国どこでも起こる可能性があります。

ここ一週間で震度1以上の回数がなんと28回!!震度3以上だと2回ですが。日本は地震の起きいやすい位置にあります。自分には関係ない!そんな事はありません。すぐ身近で起きている天災です。

➀ 平成30年  北海道胆振東部地震 大阪府北部の地震

こちら 北海道胆振東部地震 は、記憶に新しい方も多いのでは?北海道で起きた最近の地震ですね。北海道ではかなり大きいマグニチュード6.7の地震。私の知り合いに北海道出身の方がいたのですが、仕事も休んで家族、親戚の方の安否確認されてました。当たり前ですが。 つづいて、 大阪府北部の地震 も記憶に新しいと思います。こちらは震度6弱を観測しているやはり大きい地震ですね。ただ、こちらの地域は阪神淡路大震災の影響が大きく色んなインフラなどの整備もあり被害がとても大きなる事はなかったみたいです。

② 平成28年 鳥取県中部地震、 熊本地震

平成28年には、鳥取でマグニチュード6.6とこちらも大きな地震です。この地震が起きる1年前から鳥取県では地震の観測が頻繁に発生していたみたいです。 次に熊本県。私は今九州に住んでおります。今でも覚えておりますが、この熊本地震の時、北九州に出張しておりました。夜9時くらいでしたね。お店にいたのですが『グラグラグラグラ…グラグラグラグラ』熊本の地震なのに、九州の最北端北九州でも長く揺れましたね。九州管内(熊本)の社員にすぐ連絡を取り安否確認しました。社員については、被害も大きくなく無事でしたがマグニチュード7.3!!震度7!!と相当な揺れだったと知り合い全員が口を揃えて言っていました。

③平成23年 東日本大震災

こちらも皆さんの記憶にも新しいと思いますが、あの衝撃映像『 津 波 』で家ごと、車ごと流されていたとても大きな地震です。原発も津波の被害に遭い放射能汚染などの被害も相当なものだと思います。東北地方で他人事のように見ている部分もあれば西方沖地震を経験している私にとっては、自分の身に起きている様な感覚で報道ニュースに食らいついていました。私の知り合いが福島に住んでいたとの事でその時の事は思い出したくないが状況を語ってくれた事もありました。出来る事があるならと募金をさせて頂く事しか出来ませんでしたが人類にとって予期出来ぬこういった地震に対してどうすればよいでしょうか。

まとめ

地球という星に住んでいる限りこういった自然災害は、いつ起きるかわかりません。地震は世界各国でも起きています。色んな学者の方も予測する為日々奮闘していると思いますが明確なものを割り出す事は出来ないみたいです。私たちが日々生活して生きていく上でもしもの時に備えておかなければいけないですよね。私も他人事とは思えないこの地震。ここ一週間でも28回も起きているなら家族、子供、愛する人、大事な人の為にも出来るからで構わないと思います。

備えておいて損はないです。

使わなければ、尚良いじゃないですか!!!

こんなブログで私程度の人間が発信しても少しの人間にしか伝わらないかもしれませんが、その少数の方から少しでも広まって『いつおきるか分からない災害』の為に備えてみんなで手を取り合いましょう…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。