買い物

バレンタインは,日本の文化?

男はやっぱりチョコレート!(笑)

➀世界的に、『2月14日はバレンタインデー』ですよね。世の中の男性は2月に入るとソワソワしますよね…(笑)学校に行くと。会社に行くと。帰りがけに?期待して行動しますよね?私も学生時代そうでした。そもそもこの文化はどこからきたのでしょうか。

バレンタインデー: Valentine’s Day)、または、聖バレンタインデー(セイントバレンタインデー、: St. Valentine’s Day)は、2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされる。元々269年ローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと、主に西方教会の広がる地域において、かつて伝えられていた。 Wikipedia参照

そこで、日本独自の文化として日本では、1958年ごろから流行した。ただし、その内容は日本独自の発展を遂げたものとなっている。戦前に来日した外国人によって一部行われ、第二次世界大戦後まもなく、流通業界製菓業界によって販売促進のために普及が試みられたが、日本社会に定着したのは、1970年代後半であった。「女性男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこのころであった。なお、バレンタインデーにチョコレートを渡すのがいいのではと最初に考案して実践したのは、一説に大田区の製菓会社メリーチョコレートカムパニー原邦生であるとされる。 Wikipedia参照

という事でした。私たちの世代では、当たり前でしたが先人はスゴイ!

② 男性が欲しいのは、『チョコレート』でしょ!

その日本独自の文化が、女性が本命の男性に渡す習慣が定着してる。この文化が心の中に沁みついているからこそ『チョコレート』が欲しい!となるわけですよね。製菓会社の原邦生さんはスゴイ人です…会社の売上の為に、一年に一回のチャンスを自分のモノにしてそれが、日本全体の文化になってしまう。ここまで出来る様な人材になるべくチョコレートが欲しい(笑)

③女性から男性にあげる時代も…

女性から渡すだけでは、事足りず今のこのご時世。友チョコ、義理チョコという文化も新たに出て来ます。男性が女性にチョコレートを贈る「逆チョコ」といった様々な展開でこの文化を定着させて企業戦略に男心がまんまとはまってしまったわけですよね(笑)男って単純でかわいいですね。

就職してからは、義理だとか、友チョコなんかもらってもお返しをどうすればいいんだ!お金がかかるばっかりだ!と悲しんでしまう。そんなイベントとしか取れないですね…

まとめ

世界的には、 クリスマスのような聖なる日それが、【バレンタインデー】です。ですが、日本人の商売魂とうまーくケミストリーしてチョコレートを本命の人に渡すイベント!そこで男は一喜一憂する!『お前何個もらった?』『〇〇ちゃんから!?まじか??』とか…学生時代は単純でした…(笑)そして時代は進化して義理チョコ、友チョコ、逆チョコへと進化していきました。

なんだかんだぶつくさ語りましたが、2月14日バレンタインデーは、

男はチョコが欲しいZ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。